ビリヤードとは?(種類(キャロム)) フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

キャロム・ビリヤード(俗にキャロム)はビリヤード競技のひとつ。手球を撞きワンショットで手球を2つ以上の異なる的球に当てるキャロム・ショット(英:キャノン・ショット)を行うことを競技の目的としている。キャロム・ショットが成立した場合は得点となり、競技者は続けて撞く事ができる。

キャロム・ゲームは白球2つと赤球1つ(競技によっては2つ)を用い、2人で行うものが多い。白球は競技者がそれぞれの球を自分の手球として保持し、他方の手球を的球として用いることができる。競技者が撞くことのできる手球はゲーム終了まで変更できない[12]。ふたつの手球は同色・同型であり、区別がつかなくなる場合もあるため、将棋における玉将のように一方の白球に小さな黒丸或いは黒い点を2つ付けた「黒球」(俗称)を用いていたが、日本ビリヤード協会が制定した統一ルールでは、一方の手球は黄色く着色されたものを利用するように明記された[13]。

キャロム・ショットが成立するまでに必要な条件を設ける事で競技にはバリエーションがあり、それぞれの競技ごとに難易度が異なっている。四つ球、ボークライン(カードル)、スリークッションが公式競技としては有名。またバンドゲーム(ワンクッション)もJPBFなどで公式試合が行われている。

キャロム・ビリヤードを行うテーブルはキャロム・テーブルと呼ばれ、球を落とすためのポケットはなく、四方が完全にクッションで囲われている。キャロム・テーブルには競技別にいくつかのサイズが存在する。

キャロムテーブルのサイズと行われる競技
サイズ 日本における俗称 主に行われる競技
8フィート 小台 四つ球
9フィート 中台 四つ球、三つ球、42cmボークライン、フリー競技
10フィート 大台 スリークッション、47cmボークライン、フリー競技


大台にはヒーターが内蔵されており常時保温されている。これはラシャを湿気から守りコンディションを一定に保つためである。ラシャは湿気が少なく乾燥しているほどボールが転がる距離が長くなるため、スリークッションなどで用いる重量のある手球を安定して長い距離走らせる必要が多い競技では外気に影響されないよう、ヒーターによる温度コントロールが必要となる。

初心者がゼロから始める14日間ビリヤード上達プログラムの詳細はコチラから

Yahoo!ブックマークに登録

メニュー

ビリヤードとは?

当サイトに関して

商品詳細

こんにちは、高橋邦彦です。
今回、お届けする「初心者がゼロから始める14日間ビリヤード上達プログラム」は、今から始めたい方や始めて間もない方へ、私、高橋邦彦が基本をお届けする内容となっております。

ビリヤードは難しいとお考えのあなたにも、タイトルどおり14日間のプログラムになっていますので、このDVDで基本を学べば、お店で開催されているハウストーナメントにも出場可能です。

このプログラムを通して、多くの方々に面白さや楽しさを感じてもらえれば、私も光栄です。まずは基本。基本さえ学べば、上達への近道です。