ビリヤードとは?(種類(ポケット)) フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

ポケット・テーブルを使って行う競技をポケット・ビリヤードと呼び、様々な競技ルールがある。手球をキューで撞き、競技ごとに定められたルールに従って的球に衝突させポケットに落としていく。また、手球はポケットに落としてはならないという点が各競技の基本ルールである。2008年現在、プロトーナメントで利用されるテーブルは9フィートが公式サイズ[14]となっている。


ロシアン・ピラミッド用のポケットポケット・ビリヤード用の台には、四隅と各長辺中央の、計6つのポケットが設けられている。それぞれのポケットにはネット等が張られて床に落ちないようになっており、ボールがネット内に溜まる(pool)ことからプールとも呼ばれる所以となっている。アメリカでは「ビリヤード」と言えばキャロム・ビリヤードを指すことが多いため、ポケット・ビリヤードについてはプール[15]という呼称が一般的に用いられる。日本国内においてはポケットにネットが張られているテーブルは少なく、ポケットに落ちた後はレール下に備え付けられたドレーンを伝って自動的に一箇所に集められるボールリターン構造になっているものが利用されている。

ポケットの形状は競技や国によりよって異なることがあり、ロシアン・ピラミッドで利用されるテーブルのポケットは逆ハの字、中国のポケットテーブルはスヌーカーのようにカーブ状になっているものが存在[16]している。

公式競技としては、ナインボール、エイトボール、ローテーション・ゲーム、ストレートプール(14-1、フォーティーン・ワン)、ワンポケット・ゲーム等が有名である。また、一人でも行えるゲームとしてボウリングと同じ採点方式をポケットビリヤードに応用したボウラード(JPBAのプロテストに採用されている)等がある。
1998年頃からFUJIYAMAというビリヤードとサッカーのコンセプトを融合させたユニークな種目も開発され、同種目のオープン戦には世界のトッププレイヤーであるエフレン・レイズを始めとしたプロ選手達も参加するほどの競技となった。

初心者がゼロから始める14日間ビリヤード上達プログラムの詳細はコチラから

Yahoo!ブックマークに登録

メニュー

ビリヤードとは?

当サイトに関して

商品詳細

こんにちは、高橋邦彦です。
今回、お届けする「初心者がゼロから始める14日間ビリヤード上達プログラム」は、今から始めたい方や始めて間もない方へ、私、高橋邦彦が基本をお届けする内容となっております。

ビリヤードは難しいとお考えのあなたにも、タイトルどおり14日間のプログラムになっていますので、このDVDで基本を学べば、お店で開催されているハウストーナメントにも出場可能です。

このプログラムを通して、多くの方々に面白さや楽しさを感じてもらえれば、私も光栄です。まずは基本。基本さえ学べば、上達への近道です。